The Philosophy of Onway

Onway > The Philosophy of Onway > Onwayの考え

Onwayの考え

 


なぜアルミ・折り畳みにこだわるのか


軽量化と携帯に便利なアルミ折りたたみファニチャーを手掛けて二十年。苦心を重ね、困難を乗り越え、次々と人気商品を世に送り出してきた。

「別に一つの領域にこだわらなくてもいいじゃないか」とよく言われる。それも分からないわけではない。しかし、その狭い世界の中にまだまだ人間の想像力が到達していない未知の広がりがある。

その世界でどこにも負けない真のプロになろうと、ONWAYは考えている。


  
It has been 20 years since ONWAY began manufacturing lightweight and highly portable, folding, aluminum furniture. We invested a lot of hard work and overcame many difficulties to create numerous popular products for the market. Within the confines of this small world there is still territory which remains unexplored by the imagination of people, and ONWAY is attempting to carve out its existence as genuine, unrivaled professionals within this territory.


 

椅子とは


モノがあふれる時代に、もはや余分な「粗大ごみ」を家に置きたくはない。

 
それでもONWAYが椅子やテーブルの開発にこだわり続けるのは、ONWAYにはモノ造りの哲学があるからだ。
今や、人々は椅子やテーブルの機能性に関しては当たり前のこととみなしている。そこで重要になってくるのが、いかに椅子を美しく使うことだ。

 
椅子は座るだけの道具ではない。そこに置いてあるだけで美しく輝き、生気をもたらし、見る人の想像を羽ばたかせる、そんな存在感のある芸術作品だと、ONWAYは考えている。
 

Chairs are not simple tools we use for sitting on. They radiate beauty and vitality with their mere presence, and stimulate the imagination of those who lay eyes upon it. To ONWAY they are works of art which exude their own presence.