News

Onway > News > 模倣品について

模倣品について

模倣品について

弊社製品スリムチェア OW-72シリーズは、2002年の発売より大変なご好評をいただいております。こちらの商品は世界中で評価がされていまして、弊社出荷分だけでもすでに100万脚を達成しています。他方で、弊社の管理しきれていない国、地域には数えきれないほどの模倣品が流通されています。
 
日本国内でも弊社の所有しているパテントが侵害されることは珍しい話ではありません。過去に何度もそういった模倣品を排除してきた経緯がありますが、現状でもまだ模倣品が絶えない状況に憂いています。

先日、また新たに弊社製品スリムチェアの権利侵害品が流通されていることが発覚しました。弊社の特許、意匠を侵害しているだけでなく、登録商標[ONWAYSPORTS]を使用している悪質なものも出ています。

市場でパテント侵害商品を販売することはもちろん、輸入行為も権利侵害となります。パテントの存在を知りつつ強行している場合には、大変悪質な行為となりますので、弊社としましては徹底して排除をします。また、知らなかった場合でも知的財産権を侵害する行為ですから、即販売中止を警告させていただきます。状況によりましては、権利侵害にかかる損害賠償の請求、侵害品廃棄証明を提出させる等を法的手段により講じます。

いま日本国内はキャンプブームですので、多くのキャンパーも起業をして、独創的なアウトドアグッズを製造、販売しています。それは市場を活性化させるとても良いことですので、弊社も応援をしています。ただし、模倣品を生産せず、販売せずを徹底していただきたいと思います。
 
*スリムチェア OW-72シリーズ商品は日本では、下記の権利と名誉を取得しています。
・2002年グッドデザイン賞取得。
・2005年特許権取得済。特開2005-118214「折畳みチェア」。
・2005年意匠権取得済。意匠登録第1209046号「折りたたみ椅子」。
 
*いま弊社オリジナルブランド「ONWAY」以外に使用許可しているのは下記の二社です。
・ADIRONDACK (アディロンダック) 
・VISIONPEAKS(ビジョンピークス)
    
*特許権とは、新規な発明を創作した者に与えられる独占権である。特許権を得るためには、特許庁に対して特許出願を行い、審査を経なければならない。新規性、進歩性のない発明には、特許が与えられない。
 
*意匠権とは、新規性と創作性があり、美感を起こさせる外観を有する物品の形状・模様・色彩のデザインの創作についての権利をいう。